日帰り白内障手術や硝子体手術のほか、最新の視力矯正手術も実施しています。
topページへ
宮原眼科医院で行なう白内障手術手術硝子体手術
 
医療法人社団明優会概要
トップページへ
明優会基本理念へ
明優会(宮原眼科医院)の診療体制へ
明優会の教育体制へ
宮原眼科医院院内設備へ
白内障手術、硝子体手術などへ
宮原眼科医院
大宮クリニック

白内障手術、硝子体手術、視力矯正手術

日帰り白内障手術や、最先端の網膜硝子体手術システムである27G手術システムを用いた、日帰り硝子体手術を行なっています。

また、大宮クリニックでは次世代視力矯正手術とされる最新のReLEx® Smile(リレックススマイル)による視力矯正手術を実施しています。

日帰り白内障手術

老人性白内障とは加齢現象によって水晶体が白く濁ってしまう病気で、白内障手術の適応は白内障のために視力低下をきたし、日常生活に不自由を感じる場合とされています。

宮原眼科医院では主に白内障に対して、
・水晶体乳化吸引術(水晶体を砕いて吸い出す)
・眼内レンズ挿入術(取り除いた水晶の代わりにレンズを入れる)
という手術を行なっており、日帰り手術となっています。

宮原眼科医院では、最先端技術を搭載した超音波手術装置である、ソブリン・ホワイトスターを導入しています

白内障手術についてさらに

日帰り硝子体手術

硝子体とは眼の中の大部分を占める透明なゲル状組織のことで、濁りや出血のある硝子体を取り除いたり、網膜にできた増殖膜や網膜の穴(裂孔)などを治療する目的で硝子体手術が行なわれます。

網膜硝子体手術が有効な病気は、糖尿病網膜症(眼底出血)、網膜剥離、黄斑上膜、網膜静脈閉塞症(黄斑浮腫)、硝子体混濁(ぶどう膜炎)など、非常に多岐にわたっています。

宮原眼科医院では硝子体手術の中でも大学病院などの一部でしか導入されていない、最新の27G(ゲージ)硝子体手術システムを導入しています。
27G(ゲージ)硝子体手術システムは約0.4mm程のわずかな傷から手術ができるため、非常に侵襲が少なく術後の回復も格段に早くなります。

網膜硝子体手術についてさらに

視力矯正手術

レーシックなどに代表される視力矯正手術に対して、次世代の視力矯正手術とされる、ReLEx smile を平成27年8月より大宮クリニックにて実施しています。

ReLEx smile (リレックススマイル)はレーシックなどの従来の視力矯正手術のデメリットを改善した、画期的な視力矯正手術です。

このページの先頭へ

基本理念診療体制教育体制院内設備各種手術 (白内障手術 硝子体手術 視力矯正手術)
医療法人社団明優会 埼玉県さいたま市北区宮原町3丁目−400−1
copyright © meiyuukai